象牙の塔に登る

象牙のシンプルな美しさと、幅広い可能性

象牙について、お話いたします。シンプルながら美しい乳白色の見た目を持つこれは、様々な分野で加工され、私達の生活に溶け込んでいますね。理由としては加工が容易であるという事が挙げられます。金属や大理石に比べて、柔らか過ぎずかと言って硬すぎず、程よい強度を保っている為、職人さんも手を加えやすいのだと言います。印鑑、彫刻、ネックレスと加工の幅が広いのも魅力の一つ。ですが、今では絶滅の危機に瀕した動物を救う為の条約(ワシントン条約)の効果もあり輸出は全面的に禁止されているそうです。そして結構デリケート……手入れの際にはちょっと注意を払う必要があるかもしれません。(汚れがあってもあまり強く擦ったりすると簡単に傷がついてしまうそうです)ですが、人の体温を吸収する材質で、これが使われている撥(三味線の弦を弾く道具)や箸はよく手になじむと言われます。象牙は、輸出禁止になった今でも加工品が高額で売り出されるなど、根強い人気を誇っています。理由はそのシンプルな美しさと、なじみやすさです。象牙の道具を見つけたら手に取ってみるのも良いかもしれません。きっと使い手に答えてくれる良い物でしょう。

シンプルながら美しい象牙を売るなら象牙買取店へ